2010.01.05

※ RoHS改訂の動き(その1)

当、臭素化学・環境フォーラム(日本)(BSEF-Japan)では、物質追加に絞り
RoHS改訂の動静をお伝えします。

 欧州委員会の改訂提案に対し、昨年11月、欧州議会環境委員会内責務者より
規制物質の追加を含む驚愕の改訂案が発表されましたが、12月1日開催の環境委員会
では、既に少なからぬメンバーより異論が出されております。
 一方、欧州理事会(議会と理事会はほぼ同一の権限を有し、両者が合意せぬ限り、
立法化されず廃案となる)の多くの国は、新規物質の追加には反対しております。

ここまでの動きを総括し今後の見通しを伝えるBSEF本部-本年1月4日付け状況説明(訳
文)はこちらから
原文はこちらから
 
 現時点の予測では、今次議会(第一読会)では纏らず、最終決着は本年末。
本ホームページで今後の動きを適宜ご案内する予定です。

尚、最新情報は、BSEF本部(http://www.bsef.com/)、姉妹機関のEBFRIP
http://www.ebfrip.org/)に掲載されますのでご参照下さい。

参考情報:欧州理事会-国別投票数、欧州議会-党派別構成、欧州議会環境委員会-党
派別構成はこちら

以上

Movie
動画

テレビの火災安全に関するアニメーションビデオです。難燃剤の必要性を実感下さい。

EUにおけるVECAP(自主的な排出管理行動計画)の取り組みを紹介したビデオです­。

Seach
検索

Category
カテゴリ

Monthly Archive
月別アーカイブ

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年